鏡餅っていつからいつまで飾る?飾る場所はどこ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

正月飾りの定番といえば、初めに思い浮かぶのがしめ縄や門松、鏡餅ではないでしょうか?。
中でも年末になると、鏡餅はスーパーの売り場に正月のコーナーが出来よく目に付きますね。

鏡餅,いつから,いつまで

でもそんな鏡餅、買ってみたは良いけどいつ飾るのかと言われると・・・?
飾る場所はどんなところに飾るのか、買ってから考えてしまうこともあるかと思います。

また飾ってみたものの、いざ正月が終わるといつ片付ければ良いのか考えてしまいますよね。

  • 鏡餅を飾る期間
  • 鏡餅を飾る場所

について調べてみました。
今回はこの2つについてお届けしていきたいと思います。

Sponsored Links

鏡餅はいつから飾る?

鏡餅などのお正月の飾りは、一般的に12月13日から用意するものと語り継がれています。
正月の準備にしては少し早い気がするこの日が、お正月の準備を始める「正月事始めの日」と設定されているのには旧暦が関係しているからです。

昔の暦では12月13日が鬼宿日(きしゅくにち)と言われる「鬼が宿にいるので危険の少ない縁起が良い日」でした。

この日を今の新暦に当てはめると1ヶ月程度ずれて年が明けた日にちになってしまうので、そのまま日付だけが語り継がれてきたのです。
一般家庭ではあまりなじみがありませんが、神社や仏閣・京都の舞妓さん達等は今でもはこの日に正月事始めの行事を行っています。

 

昔は12/13に門松にする竹を取りに行っていたそうで、お正月の飾りも12月13日以降であればいつから飾り初めても良いのです。

ただ正月の前にクリスマスのお祝いがお馴染みになっているので、多くの家庭は12月26日頃から飾りつけをしています。
鏡餅に関してはカビも生えやすく生ものということもありますので、26日以降にお供えするのが良いかもしれませんね。

ここで注意したいのが、鏡餅を飾るうえで縁起の悪い日もあります。

この日は鏡餅を飾るのを避けた方が良いかも?

12月29日

26日~30日の間でより縁起ということを気にすると、12月29日は避けた方が無難。
29を「二重苦」と読んであまり縁起が良くないと解釈されています。ただ、語呂合わせの解釈は人によって様々なので「29=福」と考える人もいます。

12月31日

年末ギリギリの31日に飾ると、神様をお迎えするにも関わらず一晩しか飾らないということから「一夜飾り」という神様に失礼な行為になってしまいます。
位置や飾りに関しては、色々な説があるそうですがよく見かける理由がこれでした。

他にも30日も「0」で何もないので良くないと言われたり、その逆に区切りが良いので縁起が良いと考えられることも。
26日の6という数字も縁起が良いか悪いかは考え方で大きく違ってきます。

この辺りは言い出すときりがないですね・・・

よく数字の4を「死」と読むか「幸せ」と読むかという様なものですね。
人によって考え方は違いますが、↑↑の理由を考えると個人的にはせっかく鏡餅を飾るなら今年から29日と30日は避けたいと思います。

鏡餅をお供えする神様がどう解釈するかは、それぞれの土地・家柄で違うでしょうから家族で話し合うのも良いかなと思います。
飾る日に迷った時は、日本の「8=末広がり」という景気の良い風習にならって「28日」に飾るのがおススメですよ!

 

大事なのは神様に喜んでもらい、気持ちよく新しい年を迎えようという気持ち。
年の瀬を無事に迎えられて嬉しい、新年を迎えることが楽しいという気持ちを大切にしたいなと思います。

避けた方が良い日と同じように、喪中期間中の正月飾りについても解釈が分かれるところです。

Sponsored Links

喪中期間に鏡餅は飾れない!?

喪中期間中のお正月は色々な決まり事が多かったりします。
「おめでとう」という言葉を使わないというのは昔からよくある話で、年賀状を出さないことも知られていますよね?

こんなことから、お正月を祝う気持ちも基本的に慎んだ方が良いとされていて、ウキウキと飾りつけをするのはおススメできません

ただ鏡餅には日本人が大事にする米を感謝の気持ちを込めてお供えするという意味合いもあります。
お正月という行事を大事にしてきた故人なのであれば、鏡餅を飾り想いを寄せながら年を越せることを家族全員で感謝するのは良いことだと思います。

喪中期間は故人や近親者に想いを寄せずにパーッと騒ぐのは止めましょうという期間。
縁起や語呂合わせと同じように、世間よりも土地や宗教・家柄の風習に従いながら家族で検討するのが良いかもしれませんね。

鏡餅はいつまで飾る?

 

では鏡餅はいつまで飾るのでしょうか?

一般的には1月11日の鏡開きまでとされています。
ぞろ目で縁起を担いだ良い日と言われ、蔵開きなどもこの日に行われることが多いですね。

鏡餅は生ものだからと年末近くに飾りましたが、同じようにお正月を迎えたらになってすぐには片づけるというわけではありません。
神様がいる間中、お供えしておくものです。

神聖なお餅に刃物を立ててはいけないので、餅がひび割れてから食べやすいサイズに割って頂くとも言われます。

でも厳密には「いつまで飾る?」は地域や土地ところで大きな違いがあります

鏡開きの日は関東と関西で違う

鏡餅はいつまで飾る?

鏡開きの日が関東と関西で違うのは有名な話で、鏡開きの日には松の内という期間が関係しています。
松の内の間は正月飾りを飾っておくとされていますが、その松の内の期間が関東と関西で違うということですね。

  • 関東 → 1月7日
  • 関西 → 1月15日

と地域によって違います。

例えば15日まで松の内とされている地域で、11日に神様へのお供え物を下げるのは失礼に当たります。
そんな理由から11日ではなく、15日にずらして鏡開きをするようになりました。

他にも

  • 京都の鏡開き→1月4日
  • 北海道の鏡開き→11月11日

など地域でこんなにも鏡開きの日って違うんですね~。

 

因みに、松の内の期間が違うのは武家の時代の頃のこんな話が関係していると言われています。

関東と関西で松の内が違う理由

昔、武家の人たちはお正月に大事な鎧や兜などを祭り、お餅をお供えして感謝のお祈りを捧げていました。

このお供えのお餅を頂くのが「具足開き」の日で、今の「鏡開き」に繋がったと言われています。
具足開きの日は「刃(は)」と「柄(つか)」の語呂合わせで縁起が良いと20日に行われていました。

ですが江戸幕府の第3代将軍・徳川家光が旧暦4月20日に亡くなったことにより、月命日と重なるので縁起が悪いと改正されたのです。

この時に新しく決められた日が、今も多く語り継がれているぞろ目で縁起の良い11日。
それに伴い、松の内の期間も7日までにするという御触書(おふれがき)が出されたのです。

この改正が広まったのは徳川家近くの関東地方のみ。
関西までは日付が変わった話が届かずに、松の内の期間がずれたまま正月行事が執り行われてきたということです。

他にも

  • 十の神様が想いを込めてから11日に頂く
  • 十の神様が2重に込めてから21日に頂く

などの話もあります。

この具足開きが鏡開きに繋がったというお話も諸説あるみたいですね。

いつまで?もそれぞれの家庭で意味を考えたり、土地の神様に失礼のない様に地方の慣習に従いたいものですね^^

Sponsored Links

鏡餅を飾る場所はどこ?

鏡餅を飾る場所にもきちんとした決まりがあります。

家の中でも水場や空気の澄んだ場所に神様がいるとされています。
鏡餅を色々な場所にお供えするのはありですが、気を付けたいのが鏡餅をお供えするメインの神様は年神様だという所。

門松やしめ縄を目印に自宅に出向いてきてくれる神様なので客間にお招きし、床の間に一番豪華な鏡餅を飾りましょう。

床の間がない場合は普段、お客様をお通しする部屋に一番大きい鏡餅を飾ってくださいね。
その他の場所は少しだけ差をつけて小さい鏡餅にするのが礼儀です。

仏壇に飾る時の注意

仏壇のご先祖様にお供えする時も、年神様用とは区別した鏡餅を飾った方が失礼になりません。
家の中に適切な場所がない時は一番清らかな場所として、仏前に飾ることも良しとされていますが・・・

あくまでも神様へお供えしている品だということは心にとめて置きましょう。

鏡餅の飾り方

いつからといつまでが違ったように、鏡餅の飾り方にも地域色や家庭の考え方が出るところですね。
日本鏡餅組合のHPに載っている飾り方は↓↓
鏡餅の飾り方


参照:http://www.kagamimochi.jp/kazaru/index.html

因みに家は、半紙の上に鏡餅を乗せて一番上にみかんを乗せてもっと簡単にしています。
本当はきっちり飾るのが良いのだと思いますが、どうしても年末のバタバタしている時期になので簡単にしています。

鏡餅を飾る期間のまとめ

  • 12月13日以降であれば、飾り始めて大丈夫
  • 生ものなので、食べるのであれば26日以降が良いかも
  • 飾る日には気を付ける
  • 喪中期間はで正月飾り自体を避ける
  • 鏡餅を片付ける日は地域の風習で日が違う

鏡餅を飾る事も大切ですが、神様への感謝の気持ちが大切ということですね。
意味を知ると、また違った気持ちで年の瀬の準備ができそうです(*´▽`*)

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*