衛生的な歯ブラシの交換時期の目安はいつ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「歯ブラシは、後ろから見て毛先が飛び出していたら交換時期ですよ」と昔、歯医者さんで教えてもらった記憶があります。
でも私の歯ブラシ、気づけばすぐに毛先が開いてしまいまうんですよね…
P_20170207_095703

同じ時に交換した家族の歯ブラシの毛先はまだキレイなのに、交換する時にも自分のだけ開いてる(^^;
歯医者さんに言われた通り、自分の歯ブラシだけ早く開いてしまうので早めに交換するようにしています。

でも歯ブラシの毛先が開いているか開いていないかだけが交換目安ではない事知っていましたか?

特に毛先が中々開かない人は交換する時期を見極めきれないまま、長い期間使うことも多いのではないでしょうか。
先日、定期検診に歯医者さんに行った時に「毛先が見える様になってから交換するのでは遅すぎるかもしれませんよ」と改めて指摘されてしまいました笑

なんとな~く歯ブラシを取り替えている方に、正しい歯ブラシの交換時期についてお届け致します(^_^)/


Sponsored Links

歯ブラシの交換時期はいつ?

歯ブラシの交換時期は、毛先の状態だけで判断するよりも他の要素も考えるようにしましょう。

  • 磨く時間や強さ
  • 歯ブラシしか使わない人
  • 歯間ブラシと併用して磨く人

等様々ですからね。
「お昼は会社で磨くから」と携帯用の1日1回しか使わない歯ブラシを持っている人も多いかと思います。

そんな使用状況の違う歯ブラシでも、状況に関わらずベストな交換時期の目安はこの時期になります!

歯ブラシの交換目安は一ヶ月がベスト!

歯ブラシの交換時期の目安は一ヶ月が衛生的な交換時期です。
1ヶ月以上、同じ歯ブラシを使い続けると↓↓のようなデメリットが発生します。

1.歯ブラシに雑菌が繁殖する可能性が高まる

歯ブラシは食べ残しや歯垢等、菌がいる所を掃除するものです。
1ヶ月以上使い続けるとその菌が歯ブラシの中で繁殖する可能性が高まります。

歯ブラシの毛には、ナイロンが使われていることが一般的。

ナイロンは摩擦に強く耐熱性もありますので、何かと便利に使われる素材ですね。
他にも「吸湿性がある」という大きな特徴を持っています。
歯磨きを繰り返して毎日水分を含む事によって、だんだんとブラシが乾燥しにくくなるのです。

食べ残し等を磨いた歯ブラシに湿気が残ったまま…と想像すると、雑菌が繁殖するイメージが見えてきませんか?

1日に3回使う歯ブラシは特に充分な乾燥ができません。

携帯用のケースに入れている歯ブラシも湿気と雑菌がムンムンな状態になっているのでは?と恐ろしい想像ができますよね!
そういった点を重要視すると、1ヶ月で交換するのが衛生的な使い方といえます。

1ヶ月使用している間も

  • 使った後に流水ですすぐ
  • 水気をしっかりときる
  • 風通しの良い場所に保管する
  • 他の歯ブラシと離して置く

等の事に気を付けて雑菌が繁殖しない様に気を付けて使っていきましょう!

2.毛先は開いていなくても傷んでいる

1ヶ月経って、毛先が開いていないとしても毛先は確実に傷んでいます。
歯の表面にあるエナメル質はダイヤモンド並みと言われる固さ。

歯ブラシのナイロンより固いのは当たり前ですので、毎日磨いていれば確実に毛先は摩耗します。
毛先が弱くなると、歯垢をかき出す力がなくなります。

せっかくの歯磨きの効果が落ちてしまいますので、そういったことからも1ヶ月を目安にすることをおススメします。

雑菌や効果半減と知ると歯ブラシの交換時期は大切ということが良く分かりますね。
ただし、1ヶ月は目安であって歯ブラシの使い方によっては早めの交換も必要になります。

Sponsored Links

歯ブラシの交換時期の目安は人によって違う

歯ブラシの交換時期は、歯磨きの仕方によって違ってくる場合があります。
私が思い込んでいた「毛先が開いてから」ももちろん間違いではありません。

P_20170207_095907-cropP_20170207_095842-crop

↑↑のように毛先が揃っていない古い歯ブラシは、毛先の方向がバラバラで正しい歯磨きができませんよね。
毛先が揃っていると垂直に歯にあたるので側面もキレイに磨けます。

歯医者さんでは1ヶ月経つ前に毛先が開いてしまうのは力の入れ過ぎだと説明されました。
反対に毛先が中々開かない場合は、磨く力が弱いのではないか?という心配もあるそうです。

奥歯を磨いている時に頬の力で歯ブラシに圧力をかけていることもありますので、指先で頬を引っ張ってから磨いた方が正しい力を判断することができます。
毛先の判断基準としては、歯茎に当たる弾力が弱くなったかどうかを目安にすると良いですね。

毎月、月初めやお給料日等の節目の時に歯ブラシを交換するクセを付けると衛生的・効果的に歯磨きを続けられます。

でも、交換するのをつい忘れてしまう・・・と思った方に!
こんな歯ブラシもありますよ~

衛生的な交換しない歯ブラシが経済的!?

最近では、衛生的な交換しない歯ブラシという商品が開発されています。
エコな商品の開発に力を注いだメーカーが開発した「エコ歯ブラシ セグエ」です。

なんとブラシだけを取り替える歯ブラシ。
歯ブラシの柄の部分のゴミを減らせるエコな商品です。

取り替えるブラシは10個入って800円位なのでとても経済的。
つい買い忘れて長く使ってしまう方は、ブラシの部分をいくつか持っていればすぐに交換することもできるので便利ですね!

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*