ラフランスの食べ頃の見分け方!追熟して美味しいのはいつ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

買ってきたラフランスが固くて思っていたより美味しくなかった…
それって、ラフランスの食べ頃の時期を外しているからかも知れませんよ?

ラフランス,食べ頃,見分け方

ラフランスにも食べ頃の見分け方があります。
食べ頃になることで、香りも良くトロ~っと柔らかくて甘い状態を食べられる果物です。

      • 若干、歯ごたえがある…。
      • あんまりジューシーではない…?

という場合は、まだ食べ頃を迎えていないという証拠ですね。

食べ頃を知らなかった頃の私、もったいないことをしていました(^^;

折角のラスランス、食べるなら美味しい時に食べてくださいね!
ラフランスの食べ頃の見分け方のコツ、ぜひ知っておいて下さい(^_^)/

Sponsored Links

ラフランスの食べ頃

ラフランスの食べ頃は、農家から出荷されて「大体2~3週間後」になります。
つまり、お店に売っている時はまだ食べ頃ではないということ…。

ラフランスは収穫してから追熟する食べ物

それは、ラフランスが木から離れてからもなお「実」だけで甘くなるからです。
追熟という進化を遂げる食べ物なんですね。
時間を置くことで食べ頃を迎え、硬い実が自然と柔らかく甘くなります。

しかし、ラフランスは追熟しても皮の色があまり変わらないことが特徴。
見た目だけで食べ頃を見分けるのはかなり難しいです。
ラフランスと違う品種の他の洋なしは、緑→山吹色に変わったりするんですけどね…。

どんな状態が食べ頃?

ですので、ラフランスの食べ頃を見分けるポイントは「香り」になります。
特にこの↓お尻部分から甘い柔らかな匂いがしてきます。

ラフランス,食べ頃,見分け方

ただし、鼻に近づけなくても甘い香りがしてくる場合は少し追熟しすぎ…。
クンクンと嗅いだ時にふんわりと香る位が食べ頃です!

他にも食べ頃のラフランスはこんな状態に。

    • 両手で持ち上げると、ふわ~っと柔らかい
    • 木に繋がっていた軸がしなびてきている。

ラフランス,食べ頃,見分け方ラフランス,食べ頃,見分け方

  • 軸をつまんで揺らすとグラグラ動く。(抜けそう
  • 軸の周りがシワシワしている。

 

山形県ラフランス振興協議会の資料も参考になりますね。

この状態になったら、ぜひ指で触ってみて!
指の押し後が残る位になっていたら最高の食べ頃です!

時期を逃すといけませんので、すぐに冷蔵庫に入れて下さい。
食べる前に1時間ほど冷やすと味が一段と引き立ちます^^

ん…?
と思った方、いらっしゃいませんか?

そうです。
冷蔵庫に入れるのは、食べる前だけなんですよね~(^_^;)

Sponsored Links

追熟させるための保存方法

ラフランスを追熟させるためには常温で保存しないといけません。

基本としては

  • 暖かい → 早く食べ頃を迎える
  • 寒い  → 食べ頃が遅くなる

と覚えておいて下さい。

ラフランスを早く食べたいときの保存方法

つまり、早く食べたいときは冷やしてはいけません。
ラフランスの追熟の力を自然に発揮させたいなら、18~20℃位で保存する。
呼吸しながら甘くなっていく食べ物なので、湿度にも気を配って下さい。

旬の時期は秋なので、段ボールに入れて日の当たらないベランダの隅等に置けたらベストです!
20℃以上になると傷みの原因にもなるので、暖かい室内には気を付けて下さい。

人間が快適と感じる温度位が基準なので分かりやすいですよね^^

もっと早く食べたいときは?

ラフランス,食べ頃,見分け方

待てない!という時は、ぜひリンゴと一緒にビニール袋の中へ。
リンゴはラフランスの追熟を促すエチレンガスを濃厚に出してくれます。

袋に入れる時はラフランスが苦しくならない様に少し空気穴を作って下さいね。

食べ頃をずらしたい時

反対に食べ頃を少し遅らせたい時は、ラフランスの呼吸を止めます!
追熟の効果が悪くなる低温・乾燥の条件を満たすには冷蔵庫が一番。
こうすることで、一旦追熟を止めることができます。

ただし、どんな保存方法をとったとしても食べ頃を見逃さない様にこまめに見たり触ったりしてあげて下さいね(*^_^*)

スーパーでラフランスを買うときの見分け方

では、美味しい食べ頃を迎えるラフランスを手に入れるにはどうしたらいいか。
スーパーでラフランスを買うときの見分け方もまとめてみました。

ラフランスを選ぶポイント

1.重さ

持った時に見た目より重たく感じる。
そんなラフランスは、味の濃さがギュッと詰まっている証拠です。

2.形や色

ラフランスは元々、形が少しいびつな食べ物。
形がいびつかどうかは甘さには関係しません。
皮の色の変化も重要でないので、色形にはそうこだわる必要はありませんね。

それよりも…

3.サビ

ラフランスの特徴的な皮の点々とした黒い斑点
サビと呼ばれるこの部分がラフランスの甘さを表わしていることが多いです。

特にラフランスの中でもゴールドラフランスと呼ばれるものは、その斑点が美味しさの見分け方の基準になります。

4.硬さ

買う時にまだ硬いラフランスも食べ頃を迎えれば柔らかくなります。
しかし、全体の硬さが均一でないものは要注意!
何らかの衝撃で部分的に追熟している可能性があります。

5.キズ

ですので、皮に傷が付いている物も危険です。
衝撃を受けた証拠ですからね(^_^;)

色形は気にしなくとも、皮がキレイな状態か?はよくチェックして下さい。

ラフランスの食べ頃の見分け方のまとめ

ラスランスが今一美味しくなかったと感じたあなた。
食べ頃は合っていましたか?

  • 売られている時は食べごろではない。
  • 収穫してから熟れる果物。
  • 食べ頃までに2~3週間ぐらいかかる。

このポイントをしっかり押さえて美味しいラフランスを頂きましょう(^^)

ちなみに山県産のラフランスは10月より早く買うことはできません。
山形県のラフランスには「統一販売開始基準日」が設定されているから。

農家の方が収穫してから、しっかりと美味しく追熟する様に処理をしてから出荷してくれています。
解禁!と聞くと手に入れたくなりますよね~。笑

食べ頃を迎えたラフランスを剥いた時は、一般的な梨と同じ様に塩水につけると変色しませんよ^^

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*