4月はこと座流星群!2017年の方角とピークの時間帯は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

4月、春の流星群といえば「こと座流星群」。
でも4月のいつ見れるか?

2017年の観測条件は良い?悪い…?

こと座流星群,2017

新年度から新しいことを始める予定の今年。
何か縁起の良い事ないかな~と思って見つけたのが4月の流星群の情報です^^

 

星に願いをかけたい!ということで、

こと座流星群の

  • いつ?
  • どこ?
  • ピークは?
  • どんな流星?

について、調べてまとめてみました(^_^)/

Sponsored Links

4月はこと座流星群!いつ観測できる?

こと座流星群の正式名称は「4月こと座流星群」
その名の通り4月に観測できる流星群です。

毎年、基本的な活動期間は4月16日~4月25日の1週間程度

1年間の間に観測できる流星群の中で、1月の次に見れる2個目の流星群です。

こと座流星群の特徴は、年間流星群の中でも「明るい」こと。

明るさを表わす光度比(小さい方が明るい星が多い)の数値が2.1。
年間流星群の平均は2.5位と知ると、かなり明るい星ということが分かりますよね^^

 

早さを表わす対地速度も10~71と幅広い数字の中で、49km/s。
そこそこ早い星なので、星が流れた後の痕(こん)も期待できます( *´艸`)

ぜひ、この1週間は意識して空を見上げてみて下さい☆

こと座流星群2017年の方角

そして、こと座流星群も他の流星群と同じ様にあちらこちらに飛びます。

今年2017年もどの方角を見あげても大丈夫!
ただし、流星群の明かりをさえぎる

  • 「月」の明かりが見えない方角
  • 街灯が少ない場所

は、意識して下さいね。

こと座流星群が出てくる方角

しかし、どこから飛び出してくるのかは気になる所。

こと座流星群が出てくる方角は、東の空の高い場所で光り輝くベガがあるところです。

夏の大三角形と言われる星の中でも1番明るい織姫様の星。
コレは見つけやすい場所で嬉しいですね~^^

こと座流星群は、このベガを頭部分にした琴座という星座から飛び出してきます。

Sponsored Links

2017年のこと座流星群のピークの時間帯

そんな、こと座流星群が2017年に一番出現するとされる極大時間は4月22日(土)21時頃です。

天体観測専門サイトでは

4月22日(土)23時~23日(日)3時頃が見頃

月齢(月の満ち欠け)は「26」(なのでおススメ!)

と紹介されています。

 

(月齢は13~18位だと月が大きく、観測条件が悪い年になります。)

ピークの時間帯の数は?

ピークの時間帯に予想される流星群の数は、1時間に10~15個程度
三大流星群が50~80個なのと比べるとかなり控えめではあります…。

しかし、こと座流星群の大きな特徴は「爆発的な年がある」こと!

当たり年の予測は難しいのですが、ドッカーンと流星が増える年があるんです^^

 

過去の例を見ると、日本では1945年に1時間に90個という驚異的な記録があります。

予想が付かないだけに毎年ワクワクできる楽しみがある流星です( *´艸`)

こと座流星群とは?

つまり、こと座流星群とは他の流星群と比較して

  • 明るい
  • 少し早め
  • 痕を残す期待もある
  • 突発性が特徴的

ということが分かりました。
更にその名の由来となった「琴座」についても知っておいてほしいところ。

興味深い神話もあるので、流星群観測の時の話のネタにして下さい(*´▽`*)

こと座とは

こと座流星群,2017

こと座の「琴」は日本楽器の琴の姿ではなく、西洋音楽で使うたて琴の形をしています。
ハープの様な形というとイメージが湧きますかね?^^

この琴は、ギリシャのオルフェウスという男性のものと言われています。

このオルフェウスの神話が面白いので、さわりだけ説明しますね。

Sponsored Links

オルフェウスの神話

森の動物たちを魅了するほどの琴の名手であったオルフェウス。
愛しい妻と暮らしていましたが、ある日妻は毒蛇に噛まれて死んでしまいます。

悲しみに明け暮れたオルフェウスは、妻を取り戻す決心をし「死者の国」へと行ったのです。

手にした琴の音色で、死者の国の王さえも穏やかにさせたオルフェウス。

 

妻を返してほしいとの願いが届き、2人で地上へ帰れることになりました。
そんなオルフェウスに王は忠告します。

「妻は後ろを歩いてついていき、オルフェウスは決して振り返ってはいけない。」

地上に着くまでに妻の姿を目にすると、また死者の国へ連れ戻されるというのです。

 

約束を守り、妻を見たい気持ちをこらえながら長い1本道を歩くオルフェウス。

地上の明かりが見えたその時っ!

 

そうっ!妻の方を振り返ってしまったのです((+_+))
死者の国へ連れ戻される妻…「どうして…?」という悲痛な1言がオルフェウスの耳に響きます。

こと座の琴はそんなオルフェウスの琴だそうです…。

なぜ振り返ったのか?!について、星空を見上げながら話すのも素敵かなと思います(^^♪

こと座流星群のまとめ

いかがでしたか?

こと座流星群について

  • 4月の流星群
  • 明るく早い
  • 急激に増える年がある
  • こと座が興味深い!

ということをお伝えしました。

 

オルフェウスがなぜ振り返ったのか、については「不安」や「禁忌」「死者との区別」などといった見解が多く聞かれます。

深い話なんだな~と思っていたですが、私の連れに聞いてみると

「嬉しすぎて奥さんの顔が見たくなったんじゃない?」
と拍子抜けな答え…(^▽^;)

そう考えるとオルフェウスが可愛いくて、憎めないっ!

悲しい話ですけどね~><。

Sponsored Links

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*